植物工場の企画・設立・運営サポート

植物工場の企画・設立・運営サポート

植物栽培装置「Culture Machine」を導入した植物工場の設立を希望される企業様向けに、その企業様の状況に合わせた植物工場を設計し、設立・運営のサポートを行います。

 

PLANTXの植物工場は、下図の通り、建屋の中に、複数台のCulture Machineの大型装置「Type M」を設置するもので、従来の植物工場とは異なる特徴を持ちます。

(TypeMを用いた植物工場のイメージ)

 

Type Mを用いることで、一般的な人工光型植物工場に比べ、生産の安定性と面積あたりの生産性を同時に高めることができます。また、栽培装置を複数台並べることで、同一工場内で複数の栽培環境を設定できるため、一般的な人工光型植物工場では難しかった多品種栽培に対応できます。

 

PLANTXは、Culture Machineを設置する建屋の仕様検討、収穫された野菜を搬送・収穫・梱包するための周辺機器やスペースの設計についても経験を有しています。また、自社拠点にて、2019年から、Culture Machineを用いた植物生産を行ってきた経験など、植物工場の運営自体についてもノウハウを保有しています。

 

そのため、植物工場から安定的に多くの収穫を得て、収益を上げることを前提とした、植物工場全体の企画・設立サポートが可能です。